あさが来た第13週あらすじネタバレ東京物語後半

SPONSOR LINK

あさが来た第13週(76)東京物語
12月24日(木)
忠興たちに内緒で弟の忠嗣と会う約束をしていたあさだったのだが、目の前に現れたのは忠興だった。学問のすすめの一節について忠興に話しているのを聞いた福沢諭吉は社長を目指しなさいとあさに言って去ってゆくのだった。落ち着いてあさと話をした忠興は、ひとりの商売人として娘を認めることとなった。大久保利通と友厚も久しぶりにゆっくりと二人で話をする時間が持てたのだが・・・

あさが来た第13週(77)東京物語
12月25日(金)
あさ達が大阪に帰る日。大久保利通が暗殺されたニュースが飛び込んできた。友厚の身を心配したあさは先にうめを大阪に帰し慌てて友厚の事務所に向かう。大阪ではふゆに思いもかけない縁談の話が舞い込んだ。自分の気持ちをちゃんと伝えた方がいいと新次郎は亀助にふゆへ告白するように話すのだが・・・

あさが来た第13週(78)東京物語
12月26日(土)
大久保利通が暗殺され落ち込む友厚に大久保に代わって私が心の友になると約束するあさ。ウイスキーを初めて飲んだあさは酔っ払って友厚の話を聞きながら寝てしまう。友厚はそんなあさの寝顔を見ているだけで何も出来ない。新次郎は亀助を飲みに連れだし話ていたが、あさの帰りが待ちどうしかった。迎えに来たうめに起こされようやく大阪へと帰っていくあさ。

修正版
あさが来た第13週(76)東京物語
12月24日(木)
東京を訪れているあさ(波瑠)は、弟の忠嗣と牛鍋屋で待ち合わせていた。そこで父の忠興(升毅)ともばったり出会い、あさは久々に家族との会話を弾ませる。あさが女性の社会進出について語っていると、そこに割って入って来たのは、福沢諭吉(武田鉄矢)であった。福沢は、女性の社会進出について熱く語りかけて…。そして、あさが東京を去る日、五代(ディーン・フジオカ)があさを見送りに行こうとすると…。

あさが来た第13週(77)東京物語
12月25日(金)
あさ(波瑠)が東京を去ろうとした日、大久保利通(柏原収史)が暗殺される。号外が飛び交う中、あさは、五代友厚(ディーン・フジオカ)を心配に思い、駆けつける。ショックを受けている五代は、酒を飲んでいた…。一方、大阪の新次郎(玉木宏)は、加野屋で働くふゆ(清原果耶)に縁談の話が来て、あることを思いつく…。ふたりきりになったあさと五代は、大久保利通のことを話していると…。

あさが来た第13週(78)東京物語
12月26日(土)
あさ(波瑠)は、五代友厚(ディーン・フジオカ)と酒を飲み、語りあう。あさの仕草を笑う五代は、徐々に平静をとりもどす。しかし、あさは酒に酔って眠ってしまい…。一方、大阪の新次郎(玉木宏)と亀助(三宅弘城)は、美和(野々すみ花)の営むレストランで、ビールを飲みながら、ふゆ(清原果耶)について話し合い…。五代の事務所で目覚めたあさは、慌てて大阪に戻っていく。新次郎に出迎えられた、あさは…。

楽天サイト
あさが来た(上) [古川智映子]
思い出の“朝ドラ”大全集 『おはなはん』『マー姉ちゃん』『おしん』『ちゅらさん』から『あさが来た』
人を恐れず天を仰いで 復刊「一週一信」/広岡浅子【単行本】
小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 潮文庫 / 古川智映子 【文庫】
広岡浅子という生き方 別冊宝島 【ムック】
広岡浅子徹底ガイド[主婦と生活社]

あさが来た放送時間
NHK総合
月曜〜土曜 午前8:00〜8:15/午後0:45〜1:00(再放送)
BSプレミアム
月曜〜土曜 午前7:30〜7:45/午後11:00〜11:15(再放送)
土曜日 午前9:30〜11:00(1週間分)

ダイジェスト放送
あさが来た一週間(20分)※NHKとっておきサンデー内で放送
NHK総合
日曜 午前11:00〜11:54
5分であさが来た
NHK総合
土曜 午後2:50〜2:55
日曜 午後5:45〜5:50/午後5:55〜6:00

SPONSOR LINK

SPONSOR LINK