あさが来た第14週あらすじネタバレ新春、恋心のゆくえ後半

SPONSOR LINK

あさが来た第14週(82)新春、恋心のゆくえ
1月7日(木)
ふゆが嫁ぐ日が迫ってきたある日。亀助は新次郎にふゆの本当の気持ちを伝え、最後の思い出をふゆに作ってやって欲しいと頼み込む。何かを思いついた新次郎はふゆを連れて出かけて行った。その頃あさは新次郎の行き先が気になってはいたが、美和の店でゆっくりとお茶を飲んでいた。ふゆは新次郎の優しさについ自分の本当の気持ちをぶつけてしまう・・・

あさが来た第14週(83)新春、恋心のゆくえ
1月8日(金)
新次郎とふゆが二人で出掛けていた事を知り、婚約者の彦三郎が加野家に怒ってやって来た。新次郎だけでなく亀助とも抱き合っていた事を知り、益々怒り出した彦三郎はふゆに手を挙げる。その上あさも殴り飛ばそうとするする彦三郎に亀助は黙っておれずに平蔵と彦三郎にタンカを切り大乱闘となってしまう。

あさが来た第14週(84)新春、恋心のゆくえ
1月9日(土)
とんだ大乱闘の末、ふゆと亀助が結婚することとなった。結婚式の仲人はあさと新次郎が努め無事とり行われた。二人の結婚式に合わせて九州から戻ってきた雁助と入れ替わる形でふゆと亀助夫婦が九州の炭坑を取り仕切ることとなった。ある日あさと新次郎が美和の店を訪れると友厚が商業の学校を大阪に作ろうと走り回っていることを聞いた。

修正版
あさが来た第14週(82)新春、恋心のゆくえ
1月7日(木)
ふゆ(清原果耶)と亀助(三宅弘城)の恋のゆくえを考えると、胸がドキドキするあさ(波瑠)。ふゆを心配する新次郎(玉木宏)は、ふゆを勇気づけようとすると、突然ふゆは…。一方、あさが美和(野々すみ花)のレストランを訪れると、ひょんなことから意気投合して…。亀助は、ふゆに襟巻きを届けると、ふゆは亀助にすがり泣きだし…。するとある日、ふゆの父、彦三郎(上杉祥三)が血相を変えて加野屋にやってくる。

あさが来た第14週(83)新春、恋心のゆくえ
1月8日(金)
ふゆ(清原果耶)の父、彦三郎(上杉祥三)がふゆの縁談相手を連れて血相を変えて加野屋にやってくる。ふゆと加野屋の店の者が街で仲良く一緒にいたのを見た縁談相手が怒って破談にすると言い出したからだった。怒った彦三郎と加野屋の人々は大騒ぎになって…。そして大騒ぎの中、亀助は…。騒動が落ち着いた後、ふゆと話していた亀助は、ついに…。ドキドキして見守る、あさと新次郎(玉木宏)は…。

あさが来た第14週(84)新春、恋心のゆくえ
1月9日(土)
騒動を経て、ふゆ(清原果耶)と亀助(三宅弘城)の縁談が決まる。あさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)は、仲人を務めることに。美しい花嫁姿のふゆに、よの(風吹ジュン)をはじめ加野屋の人々が、大喜び。そのとき雁助(山内圭哉)が炭坑から戻ってきてさらに盛り上がり…。おめでたいことは続き、榮三郎(桐山照史)にも縁談の話がある中、あさは銀行づくりへの思いを強めていくのだった。

楽天サイト
あさが来た(上) [古川智映子]
思い出の“朝ドラ”大全集 『おはなはん』『マー姉ちゃん』『おしん』『ちゅらさん』から『あさが来た』
人を恐れず天を仰いで 復刊「一週一信」/広岡浅子【単行本】
小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 潮文庫 / 古川智映子 【文庫】
広岡浅子という生き方 別冊宝島 【ムック】
広岡浅子徹底ガイド[主婦と生活社]

あさが来た放送時間
NHK総合
月曜〜土曜 午前8:00〜8:15/午後0:45〜1:00(再放送)
BSプレミアム
月曜〜土曜 午前7:30〜7:45/午後11:00〜11:15(再放送)
土曜日 午前9:30〜11:00(1週間分)

ダイジェスト放送
あさが来た一週間(20分)※NHKとっておきサンデー内で放送
NHK総合
日曜 午前11:00〜11:54
5分であさが来た
NHK総合
土曜 午後2:50〜2:55
日曜 午後5:45〜5:50/午後5:55〜6:00


SPONSOR LINK

SPONSOR LINK