あさが来た第18週あらすじネタバレようこそ!銀行へ前半

SPONSOR LINK

あさが来た第18週(103)ようこそ!銀行へ
2月1日(月)
早いもので加野銀行が出来て3年の月日が流れたある日。皆の頑張りも有り加野銀行は大阪を代表するような大きな企業に成長していた。あさもやり手の女性実業家としてマスコミにも取り上げられ益々忙しくしていた。新次郎の方も紡績会社の社長として活躍し着実に業績も上げ会社の業績も右肩上がりだった。母あさへのわだかまりが日に日に大きくなる娘の千代。二人は顔を合わせれば喧嘩ばかりしていた。あさは千代にも商売に興味を持って欲しいと考え銀行の勉強会で学ばせようとするのだが千代の方は・・・

あさが来た第18週(104)ようこそ!銀行へ
2月2日(火)
はつの長男の藍之助が突然加野銀行にやって来た。両親の許しを貰ったので加野銀行で働きたいと目を輝せながら話す藍之助であったが・・・。藍之助が本当は家出をしてきたと薄々気付きながら新次郎とあさは住み込みで働くことを許すのだった。あさは千代の学校から今後の進路の事で呼び出された。担任の先生から千代の進路はどうするのかと問われて戸惑うあさだった。

あさが来た第18週(105)ようこそ!銀行へ
2月3日(水)
あさは千代には女学校に行って勉強を続けて欲しいと考えており千代にその事を話すと千代はそれを拒否した。千代は女学校に行って勉強するよりも花嫁修業がしたいと言い出した。その事を聞いた藍之助は勉強の話を理解してくれる女性の方が楽しいとつぶやいた。あさは千代の進路を考える事がきっかけで自分自身の将来像について考えるのだった。これからの進むべき道とは・・・ 常連のお客さんから娘の縁談の相談を受けたあさは。

修正版
あさが来た第18週(103)ようこそ!銀行へ
2月1日(月)
加野銀行が順調に成長し、あさ(波瑠)は新聞に取り上げられる程、実業家として知られるようになっていた。そんなあさのことがおもしろくない娘の千代(小芝風花)は、あさとけんかばかりしていた。新次郎(玉木宏)はそんなあさと千代のことを心配に思って…。あさは加野銀行の従業員と勉強会を開く。平十郎(辻本茂雄)が先生を務め、あさもいっしょに学ぶようになる。そんな時、ある人物が現れる。

あさが来た第18週(104)ようこそ!銀行へ
2月2日(火)
あさ(波瑠)を訪ねてやって来たのは、はつ(宮崎あおい)の長男の藍之助(森下大地)であった。加野銀行で働きたいという藍之助にあさは働くことを許す。喜ぶ藍之助にあさは…。平十郎(辻本茂雄)は藍之助にうそをつかないように働くことが大切であると話す。その話を聞いた藍之助は…。娘の千代(小芝風花)の担任の教師に呼ばれたあさと新次郎(玉木宏)は、千代の進路について真剣に考えるようになる。

あさが来た第18週(105)ようこそ!銀行へ
2月3日(水)
あさ(波瑠)は、娘の千代(小芝風花)には自分の道を自分で選べるように女学校に入学してほしいと新次郎(玉木宏)に話す。それを聞いていた千代は、勝手に決めないでほしいと反発するが藍之助(森下大地)は…。藍之助は、加野銀行で一生懸命に働いていた。それを見ていたあさは…。そして、和歌山で暮らすはつ(宮崎あおい)と惣兵衛(柄本佑)のもとにあさからの手紙が届く。

楽天サイト
あさが来た(上) [古川智映子]
思い出の“朝ドラ”大全集 『おはなはん』『マー姉ちゃん』『おしん』『ちゅらさん』から『あさが来た』
人を恐れず天を仰いで 復刊「一週一信」/広岡浅子【単行本】
小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 潮文庫 / 古川智映子 【文庫】
広岡浅子という生き方 別冊宝島 【ムック】
広岡浅子徹底ガイド[主婦と生活社]

あさが来た放送時間
NHK総合
月曜〜土曜 午前8:00〜8:15/午後0:45〜1:00(再放送)
BSプレミアム
月曜〜土曜 午前7:30〜7:45/午後11:00〜11:15(再放送)
土曜日 午前9:30〜11:00(1週間分)

ダイジェスト放送
あさが来た一週間(20分)※NHKとっておきサンデー内で放送
NHK総合
日曜 午前11:00〜11:54
5分であさが来た
NHK総合
土曜 午後2:50〜2:55
日曜 午後5:45〜5:50/午後5:55〜6:00

SPONSOR LINK

SPONSOR LINK