あさが来た第19週あらすじネタバレみかんの季節前半

SPONSOR LINK

あさが来た第19週(109)みかんの季節
2月8日(月)
新次郎とあさははつの住む和歌山に旅行に行くことに。思うと二人きりで旅行するのは新次郎とあさにとって初めての事だった。二人での旅の道中を満喫した。はつや惣兵衛と久々の再会を果たした。菊とはつは近所の人々にお琴の先生として愛されていた。惣兵衛は和歌山のみかんの東京での販路拡大のため試行錯誤していた。あさははつ一家の地に足の着いた生活に安心した。ただはつと藍之助との関係だけは心配していた。

あさが来た第19週(110)みかんの季節
2月9日(火)
あさははつ一家と朝食の食卓を囲み家族で一緒に食事をする大切さを改めて感じていた。菊は藍之助を正式に加野銀行で雇ってもらえないかとあさに頼んだ。菊は山王寺屋の再建を諦めていないようだとはつから聞かされた。和歌山に移住してからの惣兵衛の苦労や思いを知るはつは、それを否定するかのような藍之助の態度を許せずに居た。その頃京都に居る千代は・・・

あさが来た第19週(111)みかんの季節
2月10日(水)
藍之助の銀行での働きぶりを惣兵衛に聞かれたあさは、藍之助を加野銀行に預けてくれるなら立派な商売人に育て上げると言うのだった。二人きりで話すうちに娘の事で悩んでいることを惣兵衛に話すのだった。惣兵衛は家族全員を集めた。惣兵衛の若い頃の思いを藍之助は聞いて改めてはつと惣兵衛に大阪ではあたらかせて欲しいと頼み込んだ。

修正版
あさが来た第19週(109)みかんの季節
2月8日(月)
あさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)は、はつ(宮崎あおい)や惣兵衛(柄本佑)が暮らす和歌山を訪れる。和歌山は、ちょうどみかんの収穫期を迎え山全体がみかん色に染まっていた。洋装姿のあさがその景色を眺めていると地元の子どもたちにからかわれてしまう。その中に、はつの次男、養之助(西畑大吾)の姿もあった。そしてはつの家を訪れたあさは、菊(萬田久子)や栄達(辰巳琢郎)たちと再会を果たす。

あさが来た第19週(110)みかんの季節
2月9日(火)
あさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)は、和歌山のはつ(宮崎あおい)の家で朝を迎えていた。加野銀行で働きたいという藍之助(森下大地)を巡って話すあさとはつ、新次郎と惣兵衛(柄本佑)。しみじみと子育ての難しさを感じるあさたち。山王寺屋ののれんをもう一度大阪に上げたいと思う菊(萬田久子)は、藍之助が加野銀行で働くことができるように必死にあさに頼む込むと…。

あさが来た第19週(111)みかんの季節
2月10日(水)
惣兵衛(柄本佑)はあさ(波瑠)に長男の藍之助(森下大地)の加野銀行での仕事ぶりについて尋ねる。すると、あさは惣兵衛がうらやましいと言う。その理由とは…。藍之助は、はつや惣兵衛の前で加野銀行で働きたいという自分の思いを話す。惣兵衛は、やりたいようにやらしたいと言うが、はつは…。あさと新次郎は、みかん畑でのんびりとくつろいでいた。娘の千代(小芝風花)のことなどしみじみと語り合う。

楽天サイト
あさが来た(上) [古川智映子]
思い出の“朝ドラ”大全集 『おはなはん』『マー姉ちゃん』『おしん』『ちゅらさん』から『あさが来た』
人を恐れず天を仰いで 復刊「一週一信」/広岡浅子【単行本】
小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 潮文庫 / 古川智映子 【文庫】
広岡浅子という生き方 別冊宝島 【ムック】
広岡浅子徹底ガイド[主婦と生活社]

あさが来た放送時間
NHK総合
月曜〜土曜 午前8:00〜8:15/午後0:45〜1:00(再放送)
BSプレミアム
月曜〜土曜 午前7:30〜7:45/午後11:00〜11:15(再放送)
土曜日 午前9:30〜11:00(1週間分)

ダイジェスト放送
あさが来た一週間(20分)※NHKとっておきサンデー内で放送
NHK総合
日曜 午前11:00〜11:54
5分であさが来た
NHK総合
土曜 午後2:50〜2:55
日曜 午後5:45〜5:50/午後5:55〜6:00


SPONSOR LINK

SPONSOR LINK