あさが来たの原作は土佐堀川著者古川智映子さん!女性実業家・広岡浅子の生涯を書いた小説

SPONSOR LINK

原作 土佐堀川 著者 古川智映子

wst1504290007-n1

生年月日1932年4月1日
埼玉県所沢市在住

女性実業家・広岡浅子の生涯を書いた小説
近代日本の夜明けに「おんなの時代」を先どりしたスーパーレディがいた。銀行、鉱山を事業の柱に据え、日本女子大学、大同生命の創立にもかかわった、さっそうたる女性の一代記

広岡浅子
生誕 1849年10月18日
山城国京都(現・京都府京都市)
死没 1919年1月14日(満69歳没)
東京府
別名 照(幼名)
職業 実業家・教育者・社会運動家
配偶者 広岡信五郎
子供 広岡亀子
親 父:三井高益
ペンネームは九転十起生。明治を代表する女性実業家であり、豪気・英明な天性から「一代の女傑」と称えられた

SPONSOR LINK

SPONSOR LINK