あさが来た最終週あらすじネタバレ柔らかい心最終回第26週前半

SPONSOR LINK

あさが来た第26週(151)柔らかい心
3月28日(月)
新次郎(玉木宏)は、千代(小芝風花)と啓介(工藤阿須加)の娘を、多津子と名付ける。喜ぶ千代と啓介。そして、加野屋にはつ(宮崎あおい)と養之助(西畑大吾)がやってくる。そのときあさ(波瑠)は、気落ちしていた。新次郎がその理由を話すと…。はつと新次郎は、実業家として世間から評価されているあさについて話し合う。すると、新次郎は、ある自分だけの思いをはつに打ち明ける

あさが来た第26週(152)柔らかい心
3月29日(火)
千代(小芝風花)と啓介(工藤阿須加)に娘が誕生したことを記念して、あさ(波瑠)たちは、みんなで写真を撮ることになる。啓介は、加野銀行だけでなく淀川生命でも精力的に働くようになる。新次郎(玉木宏)は、あさにある贈り物をする。新次郎が贈るものとは…。そして、加野銀行に、九州の炭坑で共に働いた宮部(梶原善)と治郎作(山崎銀之丞)がやってくる。懐かしい話であさや新次郎は、盛り上がる

あさが来た第26週(153)柔らかい心
3月30日(水)
あさ(波瑠)は、ある大きな決断をする。その決断が気になる新次郎(玉木宏)にあさは…。そんな時、あさを訪ねて平塚明(大島優子)がやってくる。平塚は、あさが以前に女子大学校での講義した内容について、地位と金の力をひけらかす押しつけがましい婦人、と批判する。その批判に対してあさは…。その様子を見ていた千代(小芝風花)は…。そして、あさと新次郎が、縁側で話をしていると…

千代と啓介の子は新次郎によって多津子と名付けられた。病院での検査を終えた新次郎は診察室であさと二人そこに担当の医師が現れて、検査の結果が出たらお茶がてら白岡家に伺うと茶筅を動かすしぐさをした。こんな冗談を言うぐらいなのだから深刻な病気では無いのだとあさは思った。
新次郎が多津子をあやしているとはつと養之助が訪ねてきた。はつ達をリビングに通した後新次郎は藍之助を連れてきた。みかんの忙しい時期の前に藍之助に会いに来たのだとはつは言った。藍之助が今の仕事の説明をしているとあさがはつ達に会いにやって来た。亀助に慰められながらやって来たあさを心配してはつが聞くと。女子大学の一人の生徒があさを偉っそうなおばさんだと言っていると手紙をもらい、珍しく落ち込んでいたようだがはつに励まされ元気が戻った様子であった。
世はロシアとの戦争に向けて動き出していた。新次郎は家督を啓介に譲り60歳半ばを過ぎて巾着を振り回し遊びに行くことを自粛するようになった。新次郎はあさに夫婦40年の記念に木でも植えようと植木屋を呼んでいた。新次郎は家で静かに過ごすことが多くなると寝込んだので無いかと広まり家には沢山の人が見舞いがてら集まってきてた。そんな中には元加野炭坑の治郎作や宮部の姿もあった。
明治37年日露戦争が勃発した。戦時保険加入者への対応など取締役が集まり会議をした。これからも大きくなる日本に備えて益々加野屋は自力を蓄えておく必要があるとあさは意見すると私が意見するのはここまでだと突然引退を言い出した。若者たちに頑張って貰いたい気持ちと体調の思わしくない新次郎について過ごしたいという事を聞き榮三郎は全ての責任を背負う覚悟を決めた。

楽天サイト
連続テレビ小説 あさが来た ファンブック
連続テレビ小説 あさが来た Part2 NHKドラマ・ガイド
あさが来た(上) [古川智映子]
思い出の“朝ドラ”大全集 『おはなはん』『マー姉ちゃん』『おしん』『ちゅらさん』から『あさが来た』
人を恐れず天を仰いで 復刊「一週一信」/広岡浅子【単行本】
小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 潮文庫 / 古川智映子 【文庫】
広岡浅子という生き方 別冊宝島 【ムック】
広岡浅子徹底ガイド[主婦と生活社]

あさが来た放送時間
NHK総合
月曜〜土曜 午前8:00〜8:15/午後0:45〜1:00(再放送)
BSプレミアム
月曜〜土曜 午前7:30〜7:45/午後11:00〜11:15(再放送)
土曜日 午前9:30〜11:00(1週間分)

ダイジェスト放送
あさが来た一週間(20分)※NHKとっておきサンデー内で放送
NHK総合
日曜 午前11:00〜11:54
5分であさが来た
NHK総合
土曜 午後2:50〜2:55
日曜 午後5:45〜5:50/午後5:55〜6:00


SPONSOR LINK

SPONSOR LINK