とと姉ちゃん第1週あらすじネタバレ常子、父と約束する後半

SPONSOR LINK

第1週(4)
4月7日(木)
年末に結核になってしまった竹蔵は、正月も家で静養していた。家族で百人一首をして遊んでいた。常子の名前は百人一首の短歌に由来しているのだと話す竹蔵。母や父が知り合いを戦争で亡くした事を知り、家訓にも通ずる思いが自分の名前に込められていることを知り胸を熱くするのだった。

第1週(5)
4月8日(金)
昭和6年4月。竹蔵の容態は悪くなる一方で家でも隔離された状態で過ごしていた。寂しい思いを隠し三姉妹は明るく振舞っていた。竹蔵は花見を毎年楽しみにしていると叔父の鉄郎から聞いた常子は、竹蔵を元気づけようと花咲かじいさんのお話を思い出していた。同級生の正雄や茂雄は結核が感染ると言って常子たちを避けだした。

第1週(6)
4月9日(土)
常子達の計画したお花見の後竹蔵に襖越しに呼び止められる常子。死んだ後父の代わりをして家族を守ってほしいと竹蔵に頼まれた常子。涙を拭いながら父と約束をする常子。約束の日から3日後に竹蔵は亡くなるのであった。お葬式の時でも涙を流さずに気丈に振る舞う常子を冷たいと美子や鞠子。今日から皆のととになると家族の前で宣言するのだった。

修正版
第1週(4)常子、父と約束する
4月7日(木)
家で療養することになったとと(=父)・竹蔵(西島秀俊)。少しでもそばにいたい気持ちを抱えつつ、家族にうつってしまわないよう離れて生活していた。常子(内田未来)はそんなととの気持ちを察して、気丈に振る舞っていた。そんな中、正月を迎え、常子は今日だけはととの近くにいたいと百人一首を持ち出す。強すぎるかか(=母)・君子(木村多江)を尻目に、常子が一枚だけとれた札は、自分の名前の由来となったものだった

第1週(5)常子、父と約束する
4月8日(金)
一向に病状が良くならない竹蔵(西島秀俊)。常子(内田未来)たちは、誰もそのことを口にせず明るく振る舞っていた。そんなとき再び叔父・鉄郎(向井理)が小橋家に現れる。常子は鉄郎から、竹蔵が毎年家族で行く花見を楽しみにしていることを聞くも、その時期はとっくに過ぎ、桜は散ってしまっていた。「花咲かじいさんじゃなきゃ無理だ」と諦める妹たち。だが、常子はあることをひらめき、竹蔵が働いていた染工会社へと向かう

第1週(6)常子、父と約束する
4月9日(土)
花見を終えた夜、興奮して眠れない常子(内田未来)は、台所で水を飲んで子ども部屋に戻ろうとすると、書斎で寝ているはずの竹蔵(西島秀俊)から声をかけられる。そこで常子は竹蔵からある大切な願いを託される。そして、その数日後、竹蔵は息を引き取る。皆が悲しむ中、ひとり涙を見せない常子。次女の鞠子(須田琥珀)から、冷たいと罵られる。何も言わず家を飛び出す常子。涙を流さないのは、父と交わした約束があった

■楽天サイト
NHK連続テレビ小説とと姉ちゃん上
連続テレビ小説 とと姉ちゃん Part1
【ポケット版】 「暮しの手帖」とわたし [ 大橋鎭子 ]
大橋鎭子と花森安治戦後日本の「くらし」を創ったふたり(仮) 中経の文庫 / 歴史読本編集部 【…

■とと姉ちゃん放送時間
平成28年4月4日(月)~ 10月1日(土)<全156回予定>
NHK総合
月曜〜土曜 午前8:00〜8:15/午後0:45〜1:00(再放送)
BSプレミアム
月曜〜土曜 午前7:30〜7:45/午後11:00〜11:15(再放送)
土曜日 午前9:30〜11:00(1週間分)

ダイジェスト放送
とと姉ちゃん一週間(20分)
NHK総合 日曜 午前11:00〜11:20
5分でとと姉ちゃん
NHK総合
土曜 午後2:50〜2:55
日曜 午後5:45〜5:50/午後5:55〜6:00

SPONSOR LINK

SPONSOR LINK