とと姉ちゃん第13週あらすじネタバレ常子、防空演習にいそしむ前半

SPONSOR LINK

とと姉ちゃん第13週(73)常子、防空演習にいそしむ
6月27日(月)
昭和19年10月。マリアナ沖海戦で大敗した日本軍は、サイパン島も陥落され日本中が戦々恐々としていた。物々交換でなんとか食料を分けてもらおうと、千葉の農家を訪ねて回るが上手くいかない常子と鞠子。おままごとの道具はどうかと思ったがそれは美子の宝物であり、滝子から貰った物であった。甲東出版はほとんどの従業員が招集され、残ったのは常子と五反田だけであった。

とと姉ちゃん第13週(74)常子、防空演習にいそしむ
6月28日(火)
三姉妹で美子のおままごとの道具を持って、千葉の農家行くと米や鮭等と交換して貰えた。久しぶりにお腹いっぱいに御飯を食べることが出来た常子たちだった。鞠子は小説家になる夢をあきらめて工場で働き家族を支える決意をした。しかし1ヶ月後B29が東京を急襲。編集部から常子と五反田は避難するのだった。

とと姉ちゃん第13週(75)常子、防空演習にいそしむ
6月29日(水)
五反田にも招集命令の連絡が来た。五反田は甲東出版の社判を常子に預け会社を託した。社の蔵書で貸本業を営んで管理業務をして欲しい、甲東出版は休刊であって必ず生きて帰ってきてまた出版すると常子に誓う五反田であった。小橋家の暮らしは燃料も食料も少なく貧しかったが、美子は切れ端の布で素敵なもんぺを作ったり、君子は毎日花を活けたりして元気に生きようとしていた。

修正版
とと姉ちゃん第13週(73)常子、防空演習にいそしむ
6月27日(月)
昭和19年。戦況はますます悪化し、常子(高畑充希)たちは、物々交換で農作物をもらうため、なけなしの着物を手に農村へと向かう。孫が喜ぶおもちゃとなら交換してもいいと言われ、滝子(大地真央)からもらったママゴト道具はどうかと美子(杉咲花)に聞くが、自分の食糧を減らしてでも替えたくないと言われ、交換を断念する。一方、常子の勤める甲東出版では、五反田(及川光博)だけが徴収されず、細々と雑誌作りをしていた

とと姉ちゃん第13週(74)常子、防空演習にいそしむ
6月28日(火)
滝子(大地真央)からもらった玩具と食料を物々交換した美子(杉咲花)。戦争は思い出までも奪うのかと、常子(高畑充希)と鞠子(相楽樹)の胸で泣く。数か月後、常子と五反田(及川光博)が編集作業をしていると、突然防空警報が鳴り響く。急いで避難するも、君子(木村多江)たちのことが心配でならない。常子は、これ以上戦争をたたえる雑誌は作れないと五反田に訴えると、「もう雑誌は作らなくていい」と突然告げられ困惑する

とと姉ちゃん第13週(75)常子、防空演習にいそしむ
6月29日(水)
「赤紙が来た」と五反田(及川光博)は常子(高畑充希)に告げる。常子が家族を支え続けられるようにと、甲東出版を貸本屋として経営すれば勤労動員をかけられずにすむと助言する。お礼を言う常子に「生きて戻ったら、その時は心から作りたい雑誌を作ろう」と約束し去ってゆく。何とかここうをしのぎながら、毎日を暮らす常子たち。しかし、ある防空演習で、人をかばったことから組合長の三宅(有薗芳記)に目をつけられてしまい

■楽天サイト
とと姉ちゃんドラマガイド(1)
連続テレビ小説 とと姉ちゃん Part1
【ポケット版】 「暮しの手帖」とわたし [ 大橋鎭子 ]
大橋鎭子と花森安治戦後日本の「くらし」を創ったふたり(仮) 中経の文庫 / 歴史読本編集部 【…

■とと姉ちゃん放送時間
平成28年4月4日(月)~ 10月1日(土)<全156回予定>
NHK総合
月曜〜土曜 午前8:00〜8:15/午後0:45〜1:00(再放送)
BSプレミアム
月曜〜土曜 午前7:30〜7:45/午後11:00〜11:15(再放送)
土曜日 午前9:30〜11:00(1週間分)

ダイジェスト放送
とと姉ちゃん一週間(20分)
NHK総合 日曜 午前11:00〜11:20
5分でとと姉ちゃん
NHK総合
土曜 午後2:50〜2:55
日曜 午後5:45〜5:50/午後5:55〜6:00

SPONSOR LINK

SPONSOR LINK