ひよっこあらすじネタバレ早見表

SPONSOR LINK

東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語。高度成長期の真っただ中、日本の発展を支えたのは、地方から上京し懸命に働いた名もなき人々でした。この物語のヒロインも、そんなひとり。集団就職で上京した“金の卵”ヒロインが、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記です。

プロローグ
1964年(昭和39年)秋。東京オリンピックが目前に迫っていたが、谷田部みね子(17)は今ひとつ実感が湧かない。みね子は、茨城県の北西部にある山あいの村で育った。交通の便が悪いため、関東なのに東京は遠い世界のように思える。みね子の家は7人家族。秀才の兄は、この村から初めて大学に進んだ。その学費を稼ぐために、父は東京に出稼ぎに行っている。高校を卒業したら、農家の仕事を手伝って祖父と母に楽させてあげたい…。そう思っていたみね子の人生は、お正月に父が帰ってこなかったことで一変する。「必ずお父さんを見つけます。仕送りもします。だから東京に行かせてください」2人の幼なじみと一緒に集団就職で上京したみね子は、下町の町工場で働き始める。初めて見る東京は、想像をはるかに超えた大都会で戸惑うことばかり。低賃金に長時間労働。“金の卵”を待ち受けていた現実も厳しいものだった。仕事を終えてから父を捜す日々に時々くじけそうになるが、東北各地から上京してきた寮の仲間たちや舎監さんが心の支えとなっていく。しかし、オリンピック後の不況のあおりを受けて会社は倒産。工場は閉鎖されてしまう。行くあてのないみね子を拾ってくれたのは、かつて帰省した父から「おいしい」と土産話を聞かされていた洋食屋だった。店での給仕や出前、仕込みの手伝いがみね子の仕事になった。女将(おかみ)とその息子の料理長、そしてコックたち。皆、人使いは荒いが情にもろく、家族のような存在になっていく。個性的な常連客や商店街の人々、友人や仲間たちとの泣き笑いの日々の中で、みね子はさまざまな出会いと別れを経験しながら試練を乗り越え、見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていく。果たして、父は見つかるのか…?

第1週
前半 後半
第2週
前半 後半
第3週
前半 後半
第4週
前半 後半
第5週
前半 後半
第6週
前半 後半
第7週
前半 後半
第8週
前半 後半
第9週
前半 後半
第10週
前半 後半
第11週
前半 後半
第12週
前半 後半
第13週
前半 後半
第14週
前半 後半
第15週
前半 後半
第16週
前半 後半
第17週
前半 後半
第18週
前半 後半
第19週
前半 後半
第20週
前半 後半
第21週
前半 後半
第22週
前半 後半
第23週
前半 後半
第24週
前半 後半
第25週
前半 後半
最終週 第26週
前半 後半

■楽天サイト
有村架純写真集FiRST TRiPハワイの場合
有村架純オーロラに逢いたい!北欧ひとり旅
K.A kimamani Arinomamani有村架純
深呼吸 有村架純1st写真集/細野晋司

■ひよっこ放送時間
平成28年4月4日(月)~ 10月1日(土)<全156回予定>
NHK総合
月曜〜土曜 午前8:00〜8:15/午後0:45〜1:00(再放送)
BSプレミアム
月曜〜土曜 午前7:30〜7:45/午後11:00〜11:15(再放送)
土曜日 午前9:30〜11:00(1週間分)

ダイジェスト放送
ひよっこ一週間(20分)
NHK総合 日曜 午前11:00〜11:20
5分でひよっこ
NHK総合
土曜 午後2:50〜2:55
日曜 午後5:45〜5:50/午後5:55〜6:00


SPONSOR LINK

SPONSOR LINK