とと姉ちゃん最終週第26週あらすじネタバレ花山、常子に礼を言う後半

SPONSOR LINK

とと姉ちゃん第26週(154)花山、常子に礼を言う
9月29日(木)
昭和48年。君子(木村多江)が亡くなって8年、常子(高畑充希)は、君子から教わった言葉や知恵を次世代の読者に伝える「小さなしあわせ」を企画し、単行本が発売されるほどの人気連載となっていた。時代は随分と変わり、戦争を知らない社員も増え、その価値観に驚かされることもしばしば。常子たちは女性たちが働くことについて世間の目が厳しいことに着目していた。同じ頃、「あなたの暮し出版」を一人の若い女性が訪れて

とと姉ちゃん第26週(155)花山、常子に礼を言う
9月30日(金)
花山のあとがきを口述筆記したのち、別れた常子のもとに連絡が入る。連絡は妻三枝子からのものだった。花山がついに自宅で息絶えた、というものだった。常子と美子は花山の死に顔にあう。その死に顔は安らかなものだった。自宅に戻った常子たちは、三枝子から預かった最後の原稿を読む。そこにさしこまれた一通のメモ書き…それは花山から三姉妹への最後の手紙であった

とと姉ちゃん第26週(156)花山、常子に礼を言う
10月1日(土)
花山の死後、常子はある晩、夢を見る。常子が会社にいくと、一人の男がいる。果たしてそれは幼い頃に常子が死に別れた父、竹蔵(西島秀俊)であった。常子は竹蔵に社内を案内し、「今はこの会社が自分の家族だ」と語る。竹蔵は常子の頭を優しくなでる。常子はとと姉ちゃんとしての人生を全うしたのだ…そして昭和63年。老女になった常子は今日も東京の町を駆け抜けていく

■楽天サイト
連続テレビ小説 とと姉ちゃん 完全版 DVD BOX3(発売予定) [ 高畑充希 ]
連続テレビ小説 とと姉ちゃん 完全版 ブルーレイ BOX2【Blu-ray】 [ 高畑充希 ]
連続テレビ小説 とと姉ちゃん 完全版 DVD BOX1 [ 高畑充希 ]
連続テレビ小説 とと姉ちゃん Part2 (NHKドラマ・ガイド) [ NHK出版 ]
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」オリジナル・サウンドトラック Vol.1 [ 遠藤浩二 ]
とと姉ちゃんドラマガイド(1)
連続テレビ小説 とと姉ちゃん Part1
【ポケット版】 「暮しの手帖」とわたし [ 大橋鎭子 ]
大橋鎭子と花森安治戦後日本の「くらし」を創ったふたり(仮) 中経の文庫 / 歴史読本編集部 【…

■とと姉ちゃん放送時間
平成28年4月4日(月)~ 10月1日(土)<全156回予定>
NHK総合
月曜〜土曜 午前8:00〜8:15/午後0:45〜1:00(再放送)
BSプレミアム
月曜〜土曜 午前7:30〜7:45/午後11:00〜11:15(再放送)
土曜日 午前9:30〜11:00(1週間分)

ダイジェスト放送
とと姉ちゃん一週間(20分)
NHK総合 日曜 午前11:00〜11:20
5分でとと姉ちゃん
NHK総合
土曜 午後2:50〜2:55
日曜 午後5:45〜5:50/午後5:55〜6:00

SPONSOR LINK

SPONSOR LINK