あさが来た第4週あらすじネタバレ若奥さんの底力前半

SPONSOR LINK

あさが来た第4週(19)若奥さんの底力
10月19日(月)
あさは山王寺屋に何度行ってもはつに会わせてもらえない。心配するあさの元にはつから心配はいらないという内容の手紙が届いた。取り敢えず安心するあさは、次はお店のことを考えようと大番頭の雁助に得意の質問攻めをする。その様子に少し困りながらも笑顔で見守っていた正吉にあさは借金の取り立てをしたいと言い出した。困惑する周りだったが、あさが一生懸命に調べて言っていることを知った正吉はあさに取り立てをさせてみることにした。

あさが来た第4週(20)若奥さんの底力
10月20日(火)
はつのお付のふゆに偶然町中で会ったあさ。ふゆからはつが外出を禁止されていることや、お店の使用人が沢山辞めさせられている事を知り心配となってはつに手紙を書く事にした。はつのことを心配しながらも取り立てに精を出すあさだが、武家相手の取り立ては中々上手くいかない。惣兵衛から世の中がどうなっているのか、お家を守るために教えてもらうはつだが菊は気にいらずはつを叱りつける。

あさが来た第4週(21)若奥さんの底力
10月21日(水)
居留守を使い続ける宇奈山藩の武家屋敷に、取り立てに向かったあさは勘定方が戻るまで居座ることにした。あさは新次郎が心配する中、武家屋敷に泊まり込んで借金の取り立てを無事済ませて帰ってきた。正吉から加野家の正式な一員と認められたあさ。さっそく取り立てに奔走するあさ。徳川家が鳥羽伏見の戦いで負け、江戸に逃げ帰る事態が起きる。大きく世の中の転換期が訪れようとしていた。

修正版
あさが来た第4週(19)若奥さんの底力
10月19日(月)
あさ(波瑠)は何度山王寺屋を訪ねても、はつ(宮崎あおい)は留守だと追い返されてしまう。さらに山王寺屋に活気がないことに気付くあさ。加野屋の蔵にも千両箱がないことを思い出し、新次郎(玉木宏)に相談するが、三味線道楽のため取り合ってくれない。諦めきれないあさは、正吉(近藤正臣)や雁助(山内圭哉)に貸付金の証文だけでは信用できないと、自分に返済されてない借金の取り立てに行かせてくれとお願いする。

あさが来た第4週(20)若奥さんの底力
10月20日(火)
加野屋からの借金を一度も返していない宇奈山藩の取り立てに行ったあさ(波瑠)は、偶然はつ(宮崎あおい)の女中ふゆ(清原果耶)に出会う。山王寺屋が傾きかけていることを知ったあさは、ふゆにはつ宛ての文を渡すのだが…。時代は混乱し、多くの大名は困窮していた。何度追い返されても、こりずに取り立てに行くあさ。取り合ってくれない宇奈山藩に、ついにあさは座り込みをする。

あさが来た第4週(21)若奥さんの底力
10月21日(水)
夜が明けても大名屋敷から帰ってこないあさ(波瑠)を、心配して待つ新次郎(玉木宏)たち。そんな中、あさは金の一部を見事、取り立て戻る。正吉(近藤正臣)はあさを、これからは加野屋の働き手として認めると称える。そんな中、徳川率いる幕府軍が新政府軍との戦に負け、大坂城は炎に包まれる。間もなく加野屋を含む上方の商人たちに、新政府からとんでもない要求が突き付けられる。それを聞いた正吉とあさは…。

楽天サイト
あさが来た(上) [古川智映子]
思い出の“朝ドラ”大全集 『おはなはん』『マー姉ちゃん』『おしん』『ちゅらさん』から『あさが来た』
人を恐れず天を仰いで 復刊「一週一信」/広岡浅子【単行本】
小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 潮文庫 / 古川智映子 【文庫】
広岡浅子という生き方 別冊宝島 【ムック】

あさが来た放送時間
NHK総合
月曜〜土曜 午前8:00〜8:15/午後0:45〜1:00(再放送)
BSプレミアム
月曜〜土曜 午前7:30〜7:45/午後11:00〜11:15(再放送)
土曜日 午前9:30〜11:00(1週間分)

ダイジェスト放送
あさが来た一週間(20分)※NHKとっておきサンデー内で放送
NHK総合
日曜 午前11:00〜11:54
5分であさが来た
NHK総合
土曜 午後2:50〜2:55
日曜 午後5:45〜5:50/午後5:55〜6:00

SPONSOR LINK

SPONSOR LINK